当ブログはSWELLを使用しています。

【2020年最新版】ふるさと納税寄付の申し込み期限は?各社のキャンペーンまとめ

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、キグルミ(@kigurumiblog)です。

ふるさと納税の申し込み期限は12月31日まで。

ちなみにワンストップ特例制度の締切は翌年1月10日です。

各社のキャンペーンをまとめたので

見比べてみて、お好きなサイトでふるさと納税をしてお得に納税しましょう!

応援したい自治体に寄付ができる仕組みで、ふるさと納税の寄付金は税金の還付、控除が受けられます。

手続きをすると実質自己負担額は2,000円のみ!

さらに「お礼の品」として特産品宿泊券などがもらえる制度です。

おじさん

デメリットもあるって聞いたけど!?

キグルミ

うーん、自分はそう思いません。

デメリットとしてよく挙げられるのは以下の通りです。

1,実は節税にはならない

 →寄付額は自己負担金2,000円を除いて全額、税金の還付・控除という形で戻ってきます。つまり先に払った税金があとから戻ってくるため、税金自体が安くなる税金を節約できるということではありません。しかし実質2,000円の負担でそれ以上の返礼品をもらえるという事を考えればある意味節税と言っても良いのではないでしょうか。

2,確定申告を行わなければならない

 →確定申告を行うことで所得税と住民税が控除されふるさと納税の最終的な負担が2,000円になります。手間がかからない方法としてワンストップ特例制度が用意されています。確定申告も今はスマホやアプリでも出来る時代ですのでそれほどのデメリットとも思いませんが。

キグルミ

さっそく簡単に始め方を解説します。

目次

控除上限額を調べる

まずは自己負担が2,000円となる控除上限額の目安を計算しましょう。

控除上限額は、家族構成や年収、各種控除金額によって異なります。

さとふる 納税控除上限シミュレーション

https://www.satofull.jp/static/calculation01.php#02

お礼品を選ぶ

自分の寄付上限金額を調べたら次はお礼品を選びましょう!

たくさんあるのでどれにしようか悩みますが一番たのしい時間ですね。

おすすめサイトの特徴を表にまとめてみました。

サイト名特徴
ふるさと本舗寄付額5%分の
Amazonギフト券がもらえる

さとふる
返礼品の到着が早い
SB携帯料金と一緒に支払える
au PAY ふるさと納税auポイントが使える
auかんたん決済が使える
f-style超有名生活ブランドがもらえる
バルミューダル・クルーゼなど
ふるサポーターズ業界唯一の自動寄附代行サービス
自動的に寄附を定期的に代行
楽天ふるさと納税ポイント最大還元率30%
商品紹介ページが充実
ふるさとチョイス215,620件の返礼品数
老舗の大手サイト
ふるなび家電製品ならココ
寄付額1%分の
Amazonギフト券がもらえる

2020年のキャンペーンまとめ

ふるさと本舗

寄附金額の5%のAmazonギフト券のキャンペーン実施中!

キャンペーンコードの入力をお忘れなく。

ふるさと本舗へはコチラから。

さとふる

メガさとふるの日キャンペーン実施中!

さとふるへはコチラから。

au PAYふるさと納税


Pontaポイントが貯まるキャンペーンを実施中です!

au PAY ふるさと納税へはコチラから。

ふるサポーターズ

寄付額の最大10%のAmazonギフト券がもらえるキャンペーン実施中!

ふるサポーターズへはコチラから。

楽天ふるさと納税

締め切り直前、おすすめの返礼品選び方ガイドを展開中!

楽天市場ふるさと納税へはコチラから。

ふるさとチョイス


福袋が当たるキャンペーン実施中!

寄付金額によって応募出来る口数が変わります。

ふるさとチョイスへはコチラから。

ふるなび

Amazonギフト券が最大8%もらえるキャンペーンを実施中!

ふるなびへはコチラから。

控除手続きをする

最後に忘れずに寄付金控除の手続きをしましょう!

手続きをしなかったために、自己負担額が2,000円より大きくなってしまったという話は少なくありません。

寄付金控除の申請には2種類の方法があります。どちらに自分が該当するか確認しましょう。

必要な書類は上記、おすすめの登録したふるさと納税サイトからダウンロードする事も出来ます。

1,ワンストップ特例制度

対象者:確定申告や住民税申告をする必要のない給与所得者等である、年間寄付先が5自治体以内である

上記の両方に当てはまる方

必要な手続き:申請書と本人確認書類を各寄付先自治体に提出

時期:寄付をした翌年の1月10日まで

2,確定申告

対象者:ふるさと納税以外で確定申告が必要な方、年間寄付先が6自治体以上である

上記のどちらかに当てはまる方

必要な手続き:確定申告書類と寄付金受領証明書を税務署に提出

時期:寄付をした翌年の確定申告期間

まとめ

ふるさと納税はうまく活用すれば、2,000円でさまざまな自治体の返礼品を手に入れることができる超お得な制度です。

自治体も少ない人口でも税収が集まり、災害時の復興金に充当したり地域のアピールになり活性化に繋がったりしています

私達の「自治体を応援したい」という気持ちと、自治体の「寄付に対してお礼がしたい」という気持ちを制度として確立させてウィンウィンの関係を築いているのもふるさと納税の大きな魅力ですね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

Share Information
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

2020.9.22ブログ開設
高校中退→接客業→中小企業商社に就職
勤続15年目に代表取締役社長に就任
自分のマインド/学んだ事/面白い!
と思った事を発信しています。

コメント

コメントする

目次
閉じる